責任あるギャンブル

海外のオンラインカジノサイトでゲームをしている際、サイトの一部にResponsible Gamblingという言葉を見つけることがあるでしょう。

日本でも、全てのギャンブルサイトが「責任あるギャンブル」のあり方を講じるようになりました。

ギャンブルの与えてくれる優雅で快適な大人の楽しみを残ってしまう可能性があるのが、ギャンブル依存症及びそれに付随する過剰行為です。

ギャンブルは自分の裁量で参加し、自分の力量を知って楽しむもの。

力量を超えて遊ぶと、そこにあるのは楽しみではなく、苦しみです。

ところが、一部の人には、自分の力量の内側で遊ぶのが難しくなってしまうことがあります。

これがいわゆる「ギャンブル障害 Gambling Disorder」とよばれる症状です。

「ギャンブル障害」に罹っている人は普通のギャンブラーではありません。

もし、当サイトを利用されているお客様が「ギャンブル障害」の症状を自覚されているのであれば、まず、踏みとどまることをお勧めいたします。

ギャンブル障害チェック方法

  • ギャンブルをしない日を設けることができない
  • ギャンブルをしていないときでもゲームのことを考えている
  • ギャンブルから離れようとしたがどうしても離れられなかった経験がある
  • ベットのとき異様な興奮にかられる
  • 家族や友人との約束を忘れてギャンブルに耽ったことがある
  • ギャンブルが原因で仕事に悪影響をきたしたことがある
  • ギャンブルで負けると忘れることが出来ず、負けた分を取り返そうとする
  • ギャンブルのせいで負債を抱えている(抱えていたことがある)
  • ギャンブルをすることに罪悪感がある
  • ギャンブル以外に楽しめる趣味がない

これらの項目の半数以上に心当たりがあるようでしたら、一度ギャンブルから離れる努力をしてみましょう。

もし、自分ひとりの力でそれが出来ないようでしたら、以下の会に援護を求めることができます。

ギャンブルは責任を持って楽しむもの。

もし、その責任に自信がもてなくなっているなら、まず、自分の力を取り戻しましょう。

(公社)ギャンブル依存症問題を考える会

  • 〒104-0033 東京都中央区新川1-21-1-1909
  • Tel: 03-3555-1725
  • Web: https://scga.jp/

NPO法人 全国ギャンブル依存症家族の会

  • 〒162-0805 東京都新宿区矢来町131番地
  • Tel:090-1404-3327
  • Fax:047-381-4123
  • Web: https://gdfam.org/