オンラインカジノは課税対象になる?確定申告のやり方・税金の計算方法

オンラインカジノで得た収入は税金を収める必要がある?

オンラインカジノで得た収入は、「一時所得」としてみなされ、課税対象となります。

「それなら、競馬、パチンコ、ギャンブル全般、課税対象では?」と思われた方も多いのではないかと思います。

実は、競馬やパチンコなども、本来なら税金を支払わなければならないのです。

ではなぜ、日本で行われるギャンブルに実際、ほとんどの人が税金を払っていないのでしょう?

カジノ税金

それは、勝利金を受け取った「記録」があるかないかの違いです。

パチンコや競馬などは、勝利金を実際にを現金で受け取るので、通帳などに振込記録が残りません。税務署側が勝利金の流れを把握できないため取締ることが難しくなり、曖昧になっているのが現状なのです。

しかし、オンラインカジノの場合、勝利金の受け取りは、銀行振込など、記録に残る方法に限定されています。その結果、お金の流れが記録として残ってしまう為、税務署側がすぐに把握できるのです。もしも納税しなければ追及されてしまう事になります。

オンラインカジノの税金は、オンラインカジノで収入が生まれた時に発生します。

 

得たお金に確定申告は必要?負けた場合も申告は必要?

では、先程冒頭に出てきた、「一時所得」とはどのような所得なのでしょうか?

一時所得に該当する主な条件

  • 利子所得、配当所得、不動産所得、事業所得、給与所得、退職所得、山林所得、> 譲渡所得以外の所得である
  • 営利を目的とした継続的な所得ではない
  • 労働や役務の対価ではない
  • 譲渡による対価ではない

公営ギャンブルの払戻金

競馬や競輪、競艇、オートレース、ボートレースなどの公営ギャンブルで賭けた順位が的中したときの払戻金も、一時所得の対象。

その為、確定申告する必要があるのです。

ここで注目してほしいのが、一定以下の勝利金額では確定申告をする必要が無い場合があることです。

一時所得には、特別控除額があり50万円まで差し引くことが可能です。

つまり、もっと分かり易くお伝えすると

確定申告対象者:1年間<1月1日~12月31日>の期間に50万円以上の収益を上げた方

上記に満たない場合は、申告しなくても良いという事です。

稼げるオンラインカジノはこちら

ジャックポットシティカジノ
1初回入金
22回目入金
33回目入金
44回目入金
公式サイトへ
カジノエックス
1初回入金ボーナス
2フリースピン
32回目入金ボーナス
43回目入金ボーナス
公式サイトへ

所得分類やオンラインカジノの実際に支払う課税金額の計算方法

一時所得の計算方法

一時所得=総収入額-総支出額-特別控除額(最高50万円)

下記にあてはめて計算してみましょう。

収入金額:オンラインカジノで得た金額

支出金額:利益が出た時の賭けた金額

ここで、特別控除額、収入から50万円まで差し引くことが可能です。

分かり易く例えを上げてみましょう

プレイヤーDさんの場合

  • 日付 <2020/5/23>B.賭けた金20万円、A.100万円を獲得 80万円の利益
  • 日付 <2020/9/8>B.賭けた金額15万円、A.5万円を獲得 10万円の損失
  • 日付 <2020/11/5>B.賭けた金額5万円、A.50万円を獲得 45万円の利益
  • 日付 <2020/12/9>B.賭けた金額30万円、A.10万円を獲得 20万円の損失

総収入金額は(A.80万円 +A.45万円)=125万円となります。

総支出金額は、(B.20万円 +B.5万円)=25万円となります。

問題は負けた時の損失額です。オンラインカジノの場合、負けたときの支出は一時所得の支出額に含まれません。

9/8と12/9の 損失額(10万円+20万円) を出していますが、この支出は一時所得の計算には含むことができません。

カジノ確定申告

一時所得の計算に含まれるのはあくまで利益があった場合の支出のみです。つまり、この場合の一時所得計算式は以下のようになります。

総収入金額(125万円)― 総支出金額(25万円)― 特別控除額(50万円)= 一時所得 50万円

では、上記の計算式で求めた一時所得のうち、課税対象になる金額(実際に支払う金額)はいくらになるのでしょうか?

上記金額の1/2です。(一時所得の金額 ÷ 2 =実際に支払う所得税)

プレイヤーDさんの実際に支払う金額、課税対象金額は、一時所得 50万円 ÷ 1/2 = 25万円ということになります。

稼げるオンラインカジノはこちら

カジ旅
1初回登録ボーナス
2スロッティア限定
3入金ボーナス
4初回入金
公式サイトへ
ラッキーニッキー
1登録ボーナス
2初回入金
32回目入金
43回目入金
公式サイトへ

オンラインカジノの確定申告のやり方について。勝利金が多い場合、会社にばれる?!

いざ、確定申告(納税)するといっても自分で納税したことが無い方も多く、「確定申告の方法は?」と思われる方も多いと思います。

なぜなら、会社に勤めている方であれば、会社側が税金関係の処理をし、確定申告をまとめてしてくれるからです。

しかし、オンラインカジノで得た勝利金は、会社で得る給料所得とは違い、< ,>個人の収入ですので、自分自身で確定申告を行い納税する必要があります。

簡単に確定申告についてまとめてみます。

まず、申告時期について

税金は、その年一年間の1月1日から12月31日までに稼いだお金にかかります。

その翌年の2月16日から3月15日の間に確定申告をします。

上記で例のプレイヤーDさんの場合、オンラインカジノを始めたのが2020/5/23なので、2020年の12月31日までの収入を計算し、2021年の2月16日から3月15日の間に確定申告すれば良いという事とになります。

確定申告に必要な書類は?

確定申告を行うときに、必要となる書類は以下の通りです。

    • 源泉徴収票(会社勤めの方は、年末年始頃に会社から受け取ることができます)
    • 支払調書(オンラインカジノ側から年末年始頃に、受け取ることができます)
    • 経費の領収書(所得が300>万円以下の場合は不要)

上記の支払調書に関しては、オンラインカジノに直接問い合わせて、受け取れる場合もありますが、支払調書の発行を行っていないオンラインカジノもあります。

その場合、自分で代用の書類を作る必要があります。方法としては、収支明細をプリントアウトする、自分でつけた帳簿などを提出などがあります。

その為、確定申告の事も踏まえ、「いつどのくらい稼いだのか」をしっかり記録>を取っておくことをおすすめします。

そうすれば、確定申告時の書類として使うことが出来ますね。エクセルなど利用すれば、分かり易く管理することができます。

書類を用意した後は、通常の確定申告を行うだけです。

申告が初めての方は、わからないことがあるかとは思いますが、税務署の方に直接聞けば確実にできます。

最後に、プレイヤーの方の中には、「確定申告をするとオンラインカジノで稼いだお金が会社にバレるのでは?」と不安になられる方もいるかと思います。

オンラインカジノで得た勝利金の金額が大きな場合、住民税が上がってしまい、ばれてしまう事があります。

ではなぜ会社にばれてしまうのでしょう?

住民税の金額は、前年の所得を基準に計算される為、給与所得以外の収入(オンラインカジノで得た一時所得)が大きいと、住民税の金額も増え多くなります。

住民税は会社に住民税の通知書が届いた上で徴収される為、住民税額が上がっていると会社にばれる事があるのです。

カジノ住民税

そこで、会社に知られることなく、申告する方法があります!

ここにチェックを入れないでいるとお勤めの会社に届いてしまいます!

普通徴収を選択する方法は簡単で、申告書を「普通徴収」で提出、申告書の;枚目にある「給与・公的年金等に係る所得以外の所得に係る住民税の徴収方法の選択」の項目で「自分で納付」に〇をつけるだけです!会社が書類を管理している場合には、自ら普通徴収にすること>を申し出ることを忘れないようにしましょう。

カジノ税金会社

チェックを入れておけば、住民税徴収票が自宅に届くようになります。

会社にバレることを避けたい方は、必ずチェックするようにしましょう!

Lucky Chikaは、オンラインカジノで勝つ方法、そして利益に対して税金を正しく払う方法をご紹介します。