モンテカルロ法でオンラインカジノで勝つ

モンテカルロ法とは?

モンテカルロ法は乱数を用いたシミュレーションや数値計算のことで、ランダム法とも呼ばれます。

モンテカルロ法は数学の概念で、元々はカジノで使われるようなものではありませんでした。中性子が物質中を動き回る様子を探っていたスタニスワフ・ウラムによって考案されたといわれています彼は水爆の機構を発案し、恐ろしいほど有能な数学者でした。

モンテカルロ法が発見された歴史もかなり興味深いものです。ウラム氏は脳の手術から回復しかけていた時、ずっとソリティアをプレイしていました。そのとき勝利の確率を計算し始め、この攻略を考案したようです。モンテカルロ法はカジノで有名な国家モナコ公国の地区の1つ、モンテカルロに因んで命名されました。

モンテカルロカジノ

現在、モンテカルロ 方式は投資、金融、物理学、数学など様々な分野において使われています。モンテカルロ法を使うことで、大量のデータをまとめ、将来何が起こるかを予測することが可能です。

真偽のほど定かではありませんが、モンテカルロ方式によりモンテカルロ カジノが破産したという噂も流れていますので、効果的な攻略だと断言できます。

みなさま、試したくなりましたか?では、そろそろモンテカルロ法の使い方を解説していきましょう。

カジノでモンテカルロ法を使用する

ライブカジノハウス
1 初回入金
2入金ボーナス
3フリースピン
4キャッシュバック
公式サイトへ
カジ旅
1初回登録ボーナス
2スロッティア限定
3入金ボーナス
4初回入金
公式サイトへ

モンテカルロ法の豆知識

モンテカルロ法は数列を書き、ゲームの進行状況に基づいて計算しながら次の賭け金額を決めていく方略です。ですので、実際に使い始める前に、まずはペンと紙を用意しましょう。筆記用具が手元にない方はパソコンのメモ帳を使ってください。

モンテカルロ法を使う前にまず初めに次の2つのポイントに注意しましょう。

  1. ゲームの配当率モンテカルロ法は2倍のゲームと3倍のゲームに使用できますが、配当率によって手順が異なります。
  2. いわゆるユニットは何ドル(ユーロ、または円)にするか

このユニット(単位)という概念は賭け金額を決める時に必要となってきますので、覚えておきましょう。

では、まずは「1, 2, 3」と数例を書きます。

今回は1ユニットを1ドルに設定しましたので、数字の1は1ドル、数字の2は2ドル、数字の3は3ドルという認識です。1回目のラウンドの賭け金額を計算するには数例の両端の数字を足します。1+3 = 4ということなので、4ユニット≒4ドルを賭けます。毎ラウンドの賭け金額は数列の両端を足した金額になるという原則です。負けたら、負けたユニット分を右側に書きます。勝った場合の手順はゲームの配当率によって変わりますので、ご注意ください。2倍のゲームで勝った場合は、数列の両端から1つずつ数字を消します。3倍のゲームで勝った場合は、数列の両端から2つずつ数字を消します。

両端の数字を足せなくなった時点で1つのセッションが終了となります。

少しややこしいかもしれませんが、よりよく理解するために、以下の表を見ていきましょう。

まずは、配当率が2倍のゲームについてご説明します。

モンテカルロ法 配当が2倍のゲームに使用する場合(例)

ラウンド数

数列

賭け金額

勝敗

数列の変化

累計収益

1回目

1 2 3

4 (1+3)

×

1 2 3 4

-4

2回目

1 2 3 4

5 (1+4)

×

1 2 3 4 5

-9

3回目

1 2 3 4 5

6 (1+5)

1 2 3 4 5

-3

4回目

2 3 4

6 (2+4)

×

2 3 4 6

-9

5回目

2 3 4 6

8 (2+6)

2 3 4 6

-1

6回目

3 4

7 (3+4)

×

3 4 7

-8

7回目

3 4 7

10 (3+7)

×

3 4 7 10

-18

8回目

3 4 7 10

13 (3+10)

3 4 7 10

-5

9回目

4 7

11 (4+7)

×

4 7 11

-16

10回目

4 7 11

15 (4+11)

4 7 11 

-1

一つのセッションが終了

 

1回目のラウンドでは、上記で書いたように4ドルを賭けます。負けたので、負けた分の4を数列の右側に書きます。2回目のラウンドでは変化した数列の両端の数字を足して、5ドルを賭けます。2回目のラウンドも負けたので、この手順の繰り返しです。3回目のラウンドでは勝利したので、数字を書き足すのではなく、消すわけなので、両端から数字を1つずつ消しましょう。このように、4回目のラウンドの数列は「2 3 4」になります。

 

モンテカルロ法 配当が3倍のゲームに使用する場合(例)

ラウンド数

数列

賭け金額

勝敗

数列の変化

累計収益

1回目

1 2 3 

4 (1+3)

×

1 2 3 4

-4

2回目

1 2 3 4

5 (1+4)

×

1 2 3 4 5

-9

3回目

1 2 3 4 5 

6 (1+5)

×

1 2 3 4 5 6

-15

4回目

1 2 3 4 5 6

7 (1+6)

×

1 2 3 4 5 6 7

-22

5回目

1 2 3 4 5 6 7

8 (1+7)

×

1 2 3 4 5 6 7 8

-30

6回目

1 2 3 4 5 6 7 8

9 (1+8)

×

1 2 3 4 5 6 7 8 9

-39

7回目

1 2 3 4 5 6 7 8 9

10 (1+9)

1 2 3 4 5 6 7 8 9

-19

8回目

3 4 5 6 7

10 (3+7)

×

3 4 5 6 7 10

-29

9回目

3 4 5 6 7 10

13 (3+10)

3 4 5 6 7 10

-3

10回目

5 6

11 (5+6)

5 6

+19

一つのセッションが終了

配当率が3倍のゲームは同じやり方ですが、勝つ場合は数列の両端から1つの数字ではなくて、2つずつの数字を消します。

この基本的なルールを覚えていただければ、ベット額を計算していくだけなので、問題ないでしょう。

また、二つの表をご覧いただく通り、モンテカルロ法は2倍のゲームにも適用できますが、3倍ゲームをプレイする時に使うことが一番有益的です。

早速に戦略を使ってみよう!

チェリーカジノ
1初回入金
22回目入金
33回目入金
4ウェルカムパック
公式サイトへ
ラッキーニッキー
1登録ボーナス
2初回入金
32回目入金
43回目入金
公式サイトへ

モンテカルロ法の利点

モンテカルロ法

モンテカルロ法は以下の利点が挙げられます。

  • オンラインカジノにぴったりの攻略。モンテカルロ法が禁止されるランドカジノと違い、オンラインカジノなら優れた記憶力が無くても、実際にペンと紙を使って、計算するためにゲームの結果を書いても問題にならないので、便利です。
  • リスク感がない。マーチンゲール法と違い、賭け金の増加が緩やかです。ただし、勝利するには時間がかかりますので、焦りやすい方にはお勧めできないカジノ攻略です。
  • 大負けの可能性が低い。モンテカルロ法は結局負けることがあっても、大きなマイナスになることはありません。

モンテカルロ法を使っても良いゲーム

勝率が33%、3倍配当(ヨーロピアンルーレット、フレンチルーレット)、または2倍配当(ブラックジャック、バカラ、ルーレット)のゲームに使用可能です。

ルーレットモンテカルロ法

また、ルーレットのダズンベットやカラムベットにも適用できます。ラッキーチカが検証してみた結果、モンテカルロ法は「00」込のアメリカンルーレットよりもヨーロピアン、またはフレンチルーレットの方が確率的に良いです。

まとめ

モンテカルロ法のやり方を知っておけば、開運グッズが不要になるでしょう。

ただし、他の攻略法と比較すると、少し複雑で覚えるには時間がかかるかもしれません。また、数学が苦手な方にとっては面倒くさい攻略ですが、是非やってみてください。慣れていないうちに軍資金を全部使ってしまわないように、まずはお気に入りのオンラインカジノでルーレットの無料お試し版をプレイしてみると良いです。