オンラインカジノは違法?合法?ネットカジノ合法性のチェック

オンラインカジノをする際に気になるのが、オンラインカジノでの賭け事は違法なのか合法なのかということではないでしょうか。もし違法だったら・・・もし逮捕されたら・・・と思うと、安心してカジノゲームに打ち込めませんよね。


そこで今回は、オンラインカジノは合法かどうかについてお話していきます。また、過去にオンラインカジノが摘発されたことがあるのか、オンラインカジノを利用して逮捕された事件があるのかなどもあわせてお届けします。

オンラインカジノは違法なのか?

日本では法律で賭博が禁止されているということは、みなさんご存知ですよね。賭け麻雀で検挙というニュースも時々耳にします。オンライン「カジノ」と聞くと、「日本でオンラインカジノをプレイすると違法になるのでは?」と思ってしまうのも当然でしょう。

ですが、大手のオンラインカジノに違法性はありません。というのは、各国政府や自治領からの運営許可証を受けてオンラインギャンブルが合法とされている海外で運営を行っているからです。つまり、運営は日本ではなく海外になり、その国で合法である限り、オンラインカジノの運営会社の存在自体に違法性はないのです。

この場合、日本の法律とその国の法律、どちらで裁くべきなのか…そこが定められていないせいで、オンラインカジノの存在はグレーゾーンとなっているのです。

オンラインカジノ違法

日本でプレイしているのだから賭博罪だという意見ももちろんありますが、それに対してお金の賭け自体は海外で行われていることであって、日本にいる私たちはマウスをクリックしているだけだという見方もあります。どちらも間違ったことは言っていないですよね。

こんな風に、オンラインカジノと法律に関する議論はずっと平行線をたどっています。 ただし、中には運営許可証を取得せず非合法に運営しているカジノもあります。この場合は既にその国で違法になるので、日本でも完全に違法といえます。プレイする際は、こうした非合法カジノサイトを避けることがとても重要です。

日本でオンラインカジノは罪になるのか?

話を戻しましょう。問題は日本人が日本にいながらインターネットを通じてオンラインカジノをプレイすることが賭博罪に当たるかどうか、逮捕または検挙の恐れはないのかということです。 これについては過去にオンラインカジノに関する判例が2つあるので、それらを紹介します。

1つめの事件では、プレイヤーが家宅捜索を受け、2つ目の事件では逮捕者も出ています。そして、ほとんどのプレイヤーが自ら罪を認め略式起訴を受け入れています。

自らの罪を認め略式裁判を受け入れた経緯をみるとオンラインカジノをプレイすることは危険で違法かの様に見えます。

こちらの裁判では、単純賭博罪として略式起訴とし、20万円以下の罰金刑を受け入れました。略式起訴というのは軽い犯罪の場合に自ら罪を認めて罰金を払うことで、裁判なしで判決が出るシステムです。

オンラインカジノ裁判所

略式起訴の場合は判例とまではいえないため、この事件の例を用いてオンラインカジノは違法と断定することはできません。また、略式起訴を受け入れずに裁判で戦うと検察は不起訴処分にするので、裁判をした場合は違法とはなりません。

あくまでも推測になりますが、オンラインカジノを規制したい検察側は逮捕して国民の恐怖感を煽り、略式起訴すると予測していたのだと思います。それが裁判になるとは思っておらず、検察でさえも他国で合法であるサイトでオンラインカジノをプレイした場合、その違法性を立証するのは難しいと判断したのだと思います。

このようなことから実際に裁判をすれば無罪になるという意味では合法に近いのですが、1度は警察に逮捕されるリスクもあるので、合法とも違法ともいいきれないのが現状です。

日本での賭博に関する法律とは?

賭博に関する法律の種類ですが、日本の法律における賭博罪は、大きく二つに分けられます。

  • 賭博罪…お金を賭ける行為を禁止する
  • 賭博場開張図利罪…お金を賭ける場所を提供することを禁止する

時折「賭博をしたスポーツ選手が逮捕された」というようなニュースが流れたりしますが、この場合は賭博罪、一方、違法カジノの経営者が逮捕されたという場合は賭博場開張図利罪にあたります。ただし当たり前ですが2つとも日本国内でのみ適用されます。日本人が海外旅行でマカオにいって賭博をしても、マカオでは違法ではないため全く問題はないのです。

今後のプレイヤーの摘発はあり得るのか?

結論から言うと、オンラインカジノによる逮捕や摘発は限りなくないと言えるでしょう。

なぜなら、検察が一度不起訴にした事件に対して、今後同様の事件が再度起こったとしても、まったく新たな犯罪証拠でも無い限り、検察が起訴することはまずあり得ません。それは検察自体の過去の判断を覆すことになるため、日本の司法上起こりにくいのです。もともと警察はプレイヤーではなく運営者を逮捕したかったと考えられます。しかし、実際に捕まったのはプレイヤーばかりで、逮捕の結果、略式裁判にて罪を認める形になりました。警察は運営者が国内にいると思っていたようですが、実際は海外にいたため運営者の逮捕は諦めざるを得ず、面目を保つためにプレイヤーを逮捕したというのが内実のようです。

安全にプレイできるオンラインカジノ

ベットティルト
1ウエルカムボーナス
2フリースピン
32回目
43回目
公式サイトへ
888カジノ
1 フリースピン
2初回入金
32回目の入金時
43回目の入金時
公式サイトへ

危ないオンラインカジノ利用法とは?

ここまでで、オンラインカジノはグレーゾーン、大きな危険ではないと述べてきました。しかし、それはあくまで自宅で海外のカジノに接続する場合です。ネットカフェでのオンラインカジノ利用は危険な領域に入ります。こちらはすでに摘発者が多数出ているのです。知らないと、どちらも同じじゃないかと思いがちですが、解釈には大きな違いがあるため、注意が必要です。

自宅から運営会社へと接続している場合は、そこに仲介業者は何もなく直接接続されていますよね。ところが、専用のお店でオンラインカジノを利用する場合は、そのお店が現金に換金してくれますので賭博法の摘発対象になるのです。

したがって、オンラインカジノを利用する場合は必ず自宅や自分のPCを使うようにしてください。カジノカフェでオンラインカジノを利用すると、摘発や逮捕の対象になります。

もしも、オンラインカジノの違法性やついて質問がありましたら、ご遠慮なくご相談ください。

私達はどう気を付けるのか

先ほどもいいましたが、オンラインカジノが違法か合法かは判断の難しいグレーゾーンです。今後は逮捕・検挙の恐れもほぼないといっても、トラブルを起こさないためには、最低限以下のことを覚えておくのが賢明です。

  • オンラインカジノのサーバーが日本にないサイトを選ぶ
  • ネットカジノ内チャットに本人を特定されるような情報を書き込まない
  • ブログやSNSでプレイ内容を公開しない
  • 表示名称がアカウントそのもののようなネットカジノは避ける

サーバーが日本にあると日本国内でカジノを運営していることとなり、賭博場開張図利罪にあたります。サーバーがどの国にあるかはしっかりと確認しておきましょう。日本にない事はもちろん大事ですが、日本同様賭博やカジノが違法の国にあってはだめで、ネットカジノが合法の国にある必要があります。

安全にプレイできるオンラインカジノ

ライブカジノハウス
1 初回入金
2入金ボーナス
3フリースピン
4キャッシュバック
公式サイトへ
チェリーカジノ
1初回入金
22回目入金
33回目入金
4ウェルカムパック
公式サイトへ

日本でカジノが合法になった影響とは

2018年7月20日に特定複合観光施設区整備法が成立し、ついに日本でもカジノが合法化することが確実となりました。

カジノ合法化

カジノが合法化された場合、オンラインカジノも合法なのかどうかは、オンラインカジノプレイヤーにとって、非常に気になる点でしょう。基本はカジノが合法であればオンラインカジノも問題ないだろうと考えられるところです。実際にカジノ整備法を調べてみても特にオンラインカジノが違法であるとはかかれていませんでした。

ただし、2013年に衆議院の質問答弁に自宅でプレイする形態のオンラインカジノについて違法ではないかという趣旨の質問がされています。状況を見守っていく必要がありそうです。