グッドマン法

グッドマン法

連勝するたびにロットを2倍に増やしていくパーレー法に対してグッドマン法では1→2→3→4→5といった具合に増やしていくので断然、リスクが低いと言えるでしょう。 グッドマン法は守りが手堅く連勝にも連敗にも強く、短期的に資金を増やすことを可能にした完成度の高い攻略法とも言えるでしょう。しかも利益を狙える必勝法です。グッドマン法のノウハウをうまく利用する事で大きく負けることがないため最小限の損失で抑えられ理想的な必勝法と言えます。自己資金にリミットがあり大きなチャレンジ不可にせよマイ資金を保守して勝負もしたいというプレイヤーに推奨する必勝法と言えます。

グッドマン法の戦略

グッドマン法の別名は先で述べた通りに1235法でその名の通り勝った時に1ドル→2ドル→3ドル→5ドルと賭け金を増やしていきます。一度5ドルに到達するとそれ以降は賭け金を増やさずに、勝ち続ける限り5ドルをベットします。ゲームに負けた時は賭け金を最初の1ドルに戻して再度このパターンを繰り返して行い任意のタイミングでストップしましょう。誰にでも簡単に実践できる攻略で複雑な計算もなくロット調整で利益獲得を目指す手法です。

グッドマン法は基本的にルーレットなどのオッズ2倍のカジノゲームがお薦めです。グッドマン法には複雑な計算はなく簡単に基本的にはルーレットなどのオッズ2倍のカジノゲームで活用する事をお勧めします。

グッドマン法をこちらのオンラインカジノで使ってみよう!

ベットティルト
1ウエルカムボーナス
2フリースピン
32回目
43回目
公式サイトへ
カジ旅
1初回登録ボーナス
2スロッティア限定
3入金ボーナス
4初回入金
公式サイトへ

オンラインカジノでこの攻略法を駆使するには?

グッドマン法は配当が1:1のゲームで効果を発揮できるのでカジノ必勝法ですので、配当が1:1のルーレットの赤と黒、奇数と偶数、バカラ、ブラックジャックなどのゲームで使用すると良いでしょう。

最初に基本となる1単位の金額を決めます。基本となる金額は自己資金に応じて$1でも$5でも$10でもOKです。余裕がある場合は最初の単位を大きくする事により必然的に勝った時点で大きな利益を獲得できます。又、余裕がない場合でもグッドマン法を駆使することにより利益が出たあとで単位を増やすこともできます。次に勝ったら1->2->3->5の順番にベットしていきます。

グッドマン法では勝負に勝つごとにベット金額を増やしていきます。同様に勝つたびに賭け金を増やすパーレー法では倍額ベットですがグッドマン法では1->2->3->5の順番に賭けていきます。これはその単位の倍数理解しましょう。もし連勝が続いて最後の5のところで勝つことができたら、そのまま5のままで賭け続けていきます。負けるまでこれをリピートしていきます。

この攻略法の必勝度と落とし穴とは?

グッドマン法では賭け金が固定されているので常に1ドル、2ドル、3ドル、5ドルと順番に賭け金を増やしていくだけです。従ってカジノゲームを始めたばかりの初心者でも簡単に安心して使用できます。リスクが低いため、精神的にもプレッシャーがありません。

勝ち数と負け数が同じで利益が出ることが大きなメリットです。連敗した場合には賭け金は常に1ドルと固定されます。従って負けが連続しても損失額が増える事がないため負けたとしても殆ど利益を残せるので戦略的に稼げるのが大きなメリットと言えるでしょう。 また、グッドマン法は賭け金が上限5ドルにしかならないので損失額が大きくなる事がありません。従って資金が少ない、リスクを取りたくないという初心者にも安心安全と言えるでしょう。グッドマン法では2倍配当のゲームで勝ち数と負け数が同じになり利益が出るシステム上、特に最初に連勝して後半に連敗が続いた場合には勝ちとなり最も利益が出やすくなります。

更に、最初に連勝する事によりあとで負けの数の方が多くなったとしても利益を残すことが可能となります。

しかしパーレー法と同じで安定性に欠けるため1回勝って2回目で負けた場合はパーレー法と同じ状況に陥ってしまいます。仮にオッズ2倍のゲームを活用して勝率50%を確保しても損失が出やすい状況を作る為です。但し単調な勝ち負けをリピートせずに連勝・連敗する時間帯がワンパターンの場合には勝率を大幅にあげることが可能です。

このようにグッドマン法には勝ち負けが交互になる場合には損失を招き利益獲得までには時間がかかるといったデメリットがあります。このように勝ち負けが交互に続くシチュエーションではグッドマン法を即座にやめて違うマーチンゲール法など他のシステム切り替えることをお勧めします。

また、グッドマン法は守りのシステムベッティングであり、賭け金が上限5ドルというラインで地道にコツコツと利益獲得していくほかありません。従って一攫千金を狙うには長くゲームをプレイする必要があります。

グッドマン法をこちらのオンラインカジノで使ってみよう!

888カジノ
1 フリースピン
2初回入金
32回目の入金時
43回目の入金時
公式サイトへ
チェリーカジノ
1初回入金
22回目入金
33回目入金
4ウェルカムパック
公式サイトへ

プレイヤーへのアドバイス

グッドマン法は2倍配当のゲームをセレクトして使用しましょう。2倍配当のゲームにはルーレットの赤・黒、奇数・偶数やハイ・ロー、ブラックジャック、バカラなどを参考にして下さい。

通常グッドマン法では、1,2,3,5と賭け金を増やしていきますが裏技として2,4,6,10と賭け金を増加させる事により通常ベースのグッドマン法より早く利益獲得に繋がる事ができます。一部のランドカジノでは、グッドマン法をはじめとしたシステムベッティングの利用を禁止していますが殆どのランドカジノでグッドマン法は利用可能です。

また、オンラインカジノに関しては特にシステムベッティングに関する規定がないので問題なく利用できます。グッドマン法は守りのシステムベッティングで損失額が大きく膨らむ事なく他のシステムの様に厳しく損切りポイントを設定する必要はないでしょう。

しかし、勝ち負けが交互に続いた場合や最初に連敗してしまったら潔くゲームの流れを阻止してグッドマン法をやめて他のシステムベッティングに切り替える事も得策です。グッドマン法はどのようなプレイヤーに向いているのでしょうか?それはリスクを取らずにコツコツと利益を貯めたいという人におすすめです。

また、賭け金が少ないので、長くゆっくりとゲームを楽しみたい人にも向いているでしょう。一方で、短時間で一気に稼ぎたいという方には向いていないので是非、ラッキーチカでトライしてみて下さい。