10%法(テンパーセント法)とは

10%法(テンパーセント法)について

10%法の基本は、ゲームの勝ち負けに関わらず、ずっと手元の資金から10%だけを賭け金とする方法です。

例えば、配当倍率が2倍の場合、100ドルの10%で10ドルを賭けて勝利すると手持ち資金は110ドルになります。次に賭ける時には110ドルの10%なので、11ドルをベットすることになります。

毎回最初の資金の10%の10ドルを賭けるのではなく、勝敗の後の資金合計に対しての10%賭けるのが10パーセント法ということです。資金と賭け金のバランスを一定に保つ戦略なのです。

10パーセント法の特徴は

  • 計画的に資金を使える
  • 長期戦に向いている
  • 連勝時に利益が増大する
  • 連敗時に損失額を抑える

などがあります。10パーセント法を使ったオンラインカジノでの賭け方について詳しく見ていきましょう。

カジノゲームで10%法(テンパーセント法)を使った賭け方

10パーセント法に基づいて所持金の10%を常に賭けるのと、一定額を毎回賭ける場合、資金がどう変化していくのでしょうか?比較表を見てみましょう。

最初の資金を100ドルとして、10ドルずつ賭けて連勝した場合

ゲーム回数

資金

賭け金

勝敗

勝敗後の資金

1

100

10

勝ち

110

2

110

10

勝ち

120

3

120

10

勝ち

130

4

130

10

勝ち

140

5

140

10

勝ち

150

6

150

10

勝ち

160

7

160

10

勝ち

170

8

170

10

勝ち

180

9

180

10

勝ち

190

10

190

10

勝ち

200

10回勝ち続けた場合、資金は100ドルから200ドルに変化しました。

  • 最初の資金を100ドルから10%ずつ賭けて連勝した場合

(端数は四捨五入しています)

ゲーム回数

資金

賭け金

勝敗

勝敗後の資金

1

100

10

勝ち

110

2

110

11

勝ち

121

3

121

12

勝ち

133

4

133

13

勝ち

146

5

146

15

勝ち

161

6

161

16

勝ち

177

7

177

18

勝ち

195

8

195

19

勝ち

214

9

214

21

勝ち

236

10

236

24

勝ち

259

10回勝ち続けた場合、10パーセント法では100ドルから259ドルに資金が増大しました。10ドルずつかけた場合よりも10パーセント法の方が1.3倍資金が増えた結果です。つまり連勝が続けば大きく利益を伸ばすことができます。

では一方で、負け続けてしまった場合はどうなるでしょうか?

  • 最初の資金を100ドルとして、10ドルずつ賭けて連敗した場合

ゲーム回数

資金

賭け金

勝敗

勝敗後の資金

1

100

10

負け

90

2

90

10

負け

80

3

80

10

負け

70

4

70

10

負け

60

5

60

10

負け

50

6

50

10

負け

40

7

40

10

負け

30

8

30

10

負け

20

9

20

10

負け

10

10

10

10

負け

0

10ドルずつ賭け続けた場合10回目で資金が底をつきました。

  • 最初の資金を100ドルから10%ずつ賭けて連敗した場合

ゲーム回数

資金

賭け金

勝敗

勝敗後の資金

1

100

10

負け

90

2

90

9

負け

81

3

81

8

負け

73

4

73

7

負け

66

5

66

7

負け

59

6

59

6

負け

53

7

53

5

負け

48

8

48

5

負け

43

9

43

4

負け

39

10

39

4

負け

35

パーセント法で賭けて負け続けた場合は10回目を終えてもまだ資金が残っており、10ドルずつ賭けた時よりも負けた時の損失を緩やかにできています。一気にスッカラカンになるということが避けられるのが分かります。

10%法を試してみよう!

ベットティルト
1ウエルカムボーナス
2フリースピン
32回目
43回目
公式サイトへ
ラッキーニッキー
1登録ボーナス
2初回入金
32回目入金
43回目入金
公式サイトへ

10%法(テンパーセント法)は絶対に勝てる?

この10パーセント法は絶対に勝てる必勝法なのでしょうか?

先ほど例で示したような10回勝ち続けることも10回負け続けることも滅多に起こりません。勝敗が五分五分の場合では資金は徐々に減っていきます。

  • 次の表は10回のゲームで交互に一勝一敗した場合の結果です。

ゲーム回数

資金

賭け金

勝敗

勝敗後の資金

1

100

10

勝ち

110

2

110

11

負け

99

3

99

10

勝ち

109

4

109

11

負け

98

5

98

10

勝ち

108

6

108

11

負け

97

7

97

10

勝ち

107

8

107

11

負け

96

9

96

10

勝ち

106

10

106

11

負け

95

最後にはわずか元の資金を終わってしまっています。

次に連勝または連敗が含まれる結果を見てみましょう。

  • 10回のうち3連勝と3連敗が含まれる結果です。

ゲーム回数

資金

賭け金

勝敗

勝敗後の資金

1

100

10

勝ち

110

2

110

11

負け

99

3

99

10

勝ち

109

4

109

11

勝ち

120

5

120

12

勝ち

132

6

132

13

負け

119

7

119

12

勝ち

130

8

130

13

負け

117

9

117

12

負け

106

10

106

11

負け

95

最終的には95ドルの資金になり一勝一敗を繰り返した時と同じですが、5回目に三連勝した結果が大きく伸びていることがわかります。つまり連勝した時に止めることが重要となります。

10%法(テンパーセント法)のメリット

  • 一定の賭け方でわかりやすい
  • 連勝すると利益率がアップし大きな払戻しが期待できる
  • 連敗をし続けない限り、所持金が急に激減することはない
  • 所持金が減少すると賭金も減少するため、長期的なプレイが可能

10パーセント法は感情に左右されず手堅く遊べるため初心者におすすめです。ランダムな金額で賭けていると大きく負けてしまった時に感情的になり、損失を取り戻そうとして多額をベッドしまうこともあります。まだカジノゲームを始めたばかりで慣れていない時は、10パーセント法を用いてローリスクでプレイすると長期戦で楽しむことができます。あっという間に資金が尽きてしまうということが避けられるのでおすすめです。

10%法(テンパーセント法)のデメリット

ローリスクなので大きなデメリットはありませんが、最初の資金が大きく連敗してしまうと難しいことがあります。最初に負けが続くと損失額が大きくなってしまうため、損失分を取り戻すのが大変になるためです。

表で説明した通り五分五分の結果ではわずかに最初の資金よりも下回ってしまいます。そのため勝ちが続いたタイミングで止める必要があります。

10%法(テンパーセント法)の活用法・使うポイント

10パーセント法は資金が限られていて大きく負けたくない、ハイリスクは取りたくない時に有効な方法です。小額をベットしながら長期的にプレイしたいときに活用してみましょう。 勝ち負けに波があるので、負けた数よりも買った数が上回ったタイミングを見つけて止めるのがポイントです。その時を見極めるためにも、勝敗の記録を確認しながらゲームを進めるようにしましょう。

10%法を試してみよう!

ライブカジノハウス
1 初回入金
2入金ボーナス
3フリースピン
4キャッシュバック
公式サイトへ
カジノエックス
1初回入金ボーナス
2フリースピン
32回目入金ボーナス
43回目入金ボーナス
公式サイトへ

10%法(テンパーセント法)が使えるカジノゲーム

10パーセント法が使えるゲームは、約50%の勝利率で配当が2倍以上のものです。 バカラやブラックジャックのような勝率1/2で2倍の配当のカジノゲームに有効です。他にもアメリカンルーレット、ヨーロピアンルーレットなどの「奇数・偶数」「赤・黒」です。 さらに勝率上げたい場合は、他の攻略法と10パーセント法を組み合わせて使用することがおすすめです。他にも色々な攻略法を習得して、ぜひ勝ち続けてくださいね!